自己PRのコツは、とにかく分かりやすく、具体的に伝えることです。

面接では色々な質問がされますが、実はその内容は結局のところふたつだけなのです。その人が①何ができるかと、②会社で何をしたいかです。

①何ができるかは、なるべく明確に、数値化できるものは全て数値化して伝えるようにします。

この時注意すべきことがあります。それは前職でしか通用しない専門用語を使ったり、それを説明することに時間を費やすべきではないということです。誰もが分かる言葉に置き換えて分かりやすく説明できるよう事前準備をしておきましょう。

また具体的な資格やスキルは武器になりますが、なぜそれをとろうと思ったのか、具体的にどんな風にいかしたのかが説明できないとかえって試験官に細かく質問され、思わぬ落とし穴になってしまうことがあります。注意しましょう。

また自己PRというのは自慢話のようで控えめに話してしまうという方がいます。

そういう場合は、その取り組みを通して自分がどう感じたか、何を学んだかなども盛り込むと、単なる自慢話ではなく、人となりも伝わりよいでしょう。

スキルだけでなくその人となりに共感してもらえることで、一緒に働きたいと思ってもらえる可能性が高まります。

何をしたいかは、あまり具体的に伝えなくても良い部分です。希望の部署に配属になるかは分かりませんし、会社の方向性が変わっていく場合もあります。

具体的にというよりは、志、心意気が伝わるような、社訓に共感しているといったイメージでアピールするのがよいでしょう。

さらに、面接で力を出し切るには、事前準備が欠かせません。

メモに書いてみたり、それを読む練習をしたりすることも大事ですが、それだけでは十分ではありません。それだけでは実際に人の前で話すのは難しいのです。

家族や友人、就職支援課や転職会社の方に協力してもらって、人前で話す練習を必ずしましょう。

また面接では部屋に入るなり「ではまず1分で自己PRしてください。」と言われることがあります。質問形式なら答えやすくても、突然こんなことを言われたらとまどってしまいますよね。でもこれはよくある場面です。

こんな風に言われても1分以内におさまるようにPRできるよう、これも事前準備をしておきましょう。

最終的には「この人と一緒に働きたいな」と思ってもらうことが重要です。無理は禁物ですが、清潔で明るく活発な印象を与えるよう心がけましょう。

転職の自己PRの例文と書き方の基本

就職活動・転職活動で必ずと言ってもいいほど聞かれたり、記入したりする「志望動機」。どのように答えたり書けばいいのか迷ったりしている人も少なくないのではないでしょうか。

実はちょっとしたコツを使えばこの志望動機についてうまく組み立てられるんですよ。ではその方法について大きく二つのコツを説明します。

①志望動機はまず自分のバックグラウンドや経歴を織り交ぜろ!

いきなり「この業界の仕事がしたいんです。」とか「この分野の職に就きたいんです。」と言われても「ん?」ってなりますよね。そう!それには理由や根拠がないからです。

それらの志望に至った理由や根拠は人それぞれあるでしょう。きっかけでもいいです。

それがない方は無理やりその業界・分野に繋がりそうな共通点を見つけて、そこから最低限プロセスを立てましょう。それをまず前置き・導入として記入しましょう。履歴書に記入する場合はコンパクトにシンプルでいいです。

例えば「命を救う医療のドラマを見て、医療分野に興味を持ち、看護学科に入り勉強してきました」といった感じです。あくまで骨組みの導入部分なので、くわしく記入して肉付けする必要はありません。これについては後述します。

ここで重要なのが「自己分析」です。自分のバックグラウンドや経歴をもう一度深く漁って見てください。自分に先入観のフィルターをかけてもいいです。とりあえずそれらの志望に至った理由や根拠を自分の頭の中のバックグラウンドや経歴から漁ってみて下さい。

②志望動機は次に①とその志望先とリンクさせろ!

①とリンクってどういうこと?それは①で出た「自分の気持ちや思い」と「志望先」を繋げる作業をするってことです。例えば「①のような気持ちを持っていた時、御社の求人を見つけました。」とか「①のように考える日々、御社の存在を何々で知りました」。といった具合です。ここがある意味結合部分になります。

③志望動機は最後に志望先の良い点を出しつつ①と②をハイブリットしてまとめろ!

ここまできたらあと少し!最後は奇麗に①②をハイブリット(合体)してまとめあげます。

ここでポイントなのがそこに志望先の良い点(ポジティブな情報)を先に出しとくという点です。例えば「御社のその右肩上がりの成長率」や「何々で地域に貢献している点」といった具合です。

その後にお待ちかねの①と②のハイブリットです。例としては「自分が目指す仕事のビジョンと、御社の何々といったビジョンが合致して志望しました。」とか「御社のこういった何々の姿勢に惹かれ、自分自身もそのフィールドで挑戦してみたいと思い志望させていただきました。」といったまとめ方です。

最後に

上手く①と②のコツを使って③のようにまとめられたら、少しシンプルすぎるように思えませんか?熱意がないように思えませんか?

記入する場合はそれでいいんです。人事の方は会社にもよりけりですが、沢山の履歴書等の資料に目を通しています。シンプルで構成が上手い方が、読む方も楽だと思いませんか?

また少し前述しましたが骨組み・ベースが大事なので、細かい内容や熱意は面接で聞かれたら言えばいいです。それかアピール時に付け足せばオッケーです。肉の部分は自分のカードとして持っておきましょう!

志望動機 例文

面接において会社の志望動機というのは相手の立場に立ってみることを想像し、面接を受ける会社がどんな人材が欲しいかを考えれば意外に簡単にわかると思います。

何でも相手の対場に立って想像することが最も重要であり、だいたいの企業は真面目で明るく、人付き合いが良く、根気がある努力家という人材が大好きであり(業界によって例外はありますが・・・)、自分が入りたいと思う会社がどんな人材を積極的に欲しがっているのかを想像すれば自ずと解決策は見えてきます。

企業というのは真面目で人間関係を卒なくこなし、トラブルを起こさないで会社のために働いてくれる人材が好きなのであり、そういう期待に沿った答えをすればよいのでありますが、営業、設計などで志望動機は変わるものなので、一概にこういう受け答えをすれば採用されるとは言えないのですが、とにかく面接での会社の志望動機というのはその会社がどんな人材を求めているかを汲み取るのが最大のポイントであり、それくらいの洞察力が無ければ新卒、中途採用などされるわけは無いので相手(会社)の立場に立ってみって、どんな社員が欲しいかを少し考えてみればおのずと答えは導かれるはずです。

明るくて真面目で労働意欲が有り、人付き合いというか人間関係を円滑にできる人間というのをだいたいの」企業は求めており、トラブルメーカーなどは仕事ができても余程突出した才能というか能力が無い限りは必要とされないので、その事を肝に銘じて面接に望んだ方がいいと思いますし、志望動機で模範的な回答とういのは本来は無く、自分が面接したい企業が喜ぶ回答を答えるのが採用されるための最も近道であり、自分が面接する企業がどんな人材を求めているのかを把握してその企業がもっと欲する答えを用意したものだけが面接に合格できるのです。

だいたいの企業はすぐに辞めそうだったり、扱いずらそうな人間を採用するというのは躊躇しますし、選ぶのは企業側だということを忘れずに、自分は採用してもらう側だということを念頭に置いて面接に望むといいと思いますし、志望動機で最も適切な答えをどうしても言えというならば明るく、人間関係を円滑に行え、努力家で根気強く、真面目で働くことが好きと答えておけば面接に合格すると思います。

自分が経営者になったつもりでどんな社員が好ましいというか欲しいかを考えてみれば面接で何を言えば採用されるかは、すぐにわかるはずでありその面接で答える様な人間にできるだけ自分を近づければいいだけの話であるのです。

これから就職したい、または転職したい。そうお考えの皆さま。志望動機はお持ちでしょうか?

面接の際に必ず必要なのが志望動機です。なぜその企業を選びどのような思いでこうして面接に来たのか、今後仕事をしていくうえでどのように物事に取り組んでいくのか。そうした判断基準のひとつが志望動機です。

たとえ能力が優れていたとしても、仕事に対して積極的で前向きではない人間をわざわざ雇う理由なんて、どこにもありません。

たとえば能力が人より少しだけ劣っていたとしても、仕事への積極さや前向きさをアピールすることで、いくらでも可能性があります。企業は、使える人材を欲しているのですね。

しかしやる気を伝えるだけではだめです。面接の際に聞かれるいくつかの質問は、熱意だけでは物足りません。

「なぜこの会社を選んだのか」というのはどの会社でも聞かれるでしょう。他にも似た系統の会社はいくらでも探せばあります。

それなのになぜこの会社に決めたのか。その理由をハキハキと答えることで、本気でこの会社で仕事をしたい人間なのかということをアピールできます。

通勤時間的なものだったり、または金銭的なものだったり、はたまた休みや残業の有無だったりと、その理由は様々でしょう。

しかし正直に答えてしまうことでマイナスとなってしまう場合もあります。

その会社が広告などでウリにしているうたい文句とでもいいましょうか、「働きやすい職場」「先輩後輩仲良くやってます」など、その会社のウリを志望動機に入れることで、良い印象を与えることができます。

「この会社であなたはどういうことをしたいのか」

企業に入るだけ入って、その後は普通の皆がやる程度の仕事しかしないのでは話になりません。

前向きさは伝わったとしましょう。仕事に対する意欲はわかりました。しかし目標とするものがあるのとないのでは、作業速度も効率も違ってきます。

企業は長期で活躍してくれる人材を求めています。意気込んだはいいものの、途中でくじけてもらっては困ります。

ほかの企業ではなくこの企業で、どういう目標をもって仕事を続けてくれるのか。それを知りたいのですね。

もちろん本当のことを言わなくてもかまいません。はじめての仕事なら、右も左もわからないものです。

目標をはじめから持つのも難しいでしょう。仕事をしていくなかで見つけたひとつのものを目標としていけばいいのです。それが仕事へのモチベーションのひとつにもなります。

などといろいろ書いてきましたが、要するに仕事への前向きな気持ちと色々な仕事に取り組む意思をアピールできれば、すべて本当のことじゃなくてもかまわないので気楽にいきましょう、ということです。

もちろん、仕事に対する真面目な気持ちはもってないといけませんが、大事なのはその企業に入り、仕事をしていくことです。

スタートラインにまだ立ったばかりですので、これから就職を考えている方も、転職を考えている方も、応援しています。

志望動機は、ただ何となく思いつくままに書いても絶対にうまくいきません。志望動機に盛り込むべきポイントをしっかり把握してから取り掛かりましょう。

まず、何はともあれ企業研究は欠かせません。その企業の概要や求めているニーズや人材像をきちんと把握しないと、何の説得力もない独りよがりな志望動機になってしまいます。

志望する企業だけでなく競合他社についてもしっかり調べ、他社と比較してのその企業独自の特徴や強みなどを浮かび上がらせましょう。

企業のホームページや求人情報はもちろん、新聞や雑誌など様々なメディアに当たり、より多くの情報を集めてください。

その企業に入ってからどのようなことを実現したいのかという点は、志望動機の要です。自分の成長やスキルアップも大切ですが、個人の目標に終わるものではなく、企業にとってもプラスになる目標がベストです。

キャリアビジョンが明確になっていると「この人には期待できそうだ」と採用担当者に判断されます。それに、企業のビジョンと目標が共通していれば、長期に渡って活躍できる相性の良い人材になると期待されます。

とはいえ、あまりに実現不可能な目標はNGです。あくまで現実的な目標を考えるようにしましょう。

キャリアビジョンを語る上で、これまでの自分の経験は重要です。特に転職希望者は今までの職務経験を積極的にアピール材料に使いましょう。

新卒採用の場合は、学校で学んだこと、留学・アルバイト・部活での経験などを盛り込むようにすると良いでしょう。

「留学経験で培った語学力を活かし、貴社の製品の海外展開の一助となりたいです」など、具体的かつ自分の能力や経験が活かせる目標を考えてみてください。

自己PRと熱意を伝えるチャンスなので、この部分は特にしっかり推敲しましょう。

そして、「なぜこの企業でなければいけないのか」という確固とした根拠も併せて述べるようにしてください。どんなに優秀な人でも、この部分が弱いと採用担当者に十分アピールできません。

「◯◯業界で◯◯の強みのある貴社なら、◯◯を実現するために最適だと思ったので志望いたしました」といったように、企業研究で得た知識を元に説得力のある文章を考えましょう。

「人の役に立ちたい」「社風に惹かれて」「社会貢献できるから」といった漠然とした理由は、どこの企業でも通じるものですし何も言っていないのと同じなので、その企業ならではの具体的な理由を必ず見つけてください。

「何しに面接へ来たの?」

最悪の場合、上記の発言を面接担当者から受けてしまいます。こんな志望動機はダメだ!という事について解説していきます。

現在、どれくらい深刻な不況かはわかりませんが、数年前に比べて、サラリーマンの年収が下がっています。

以前ならば、年収300万円代ですと、「低すぎる!家族を養っていけない!」と、憤りを感じる人が多かったと思います。

しかし、現在では年収300万円代でも、「給料も上がる見込みがないし、見合った実力もない。・・・家族で協力して節約して生きていくしかないか」と、諦めモードの方が多いようです。

人手不足なのに賃金は安い、という悪循環に陥っています。当然、一部上場していて安定した大企業であれば、年収500万円以上が普通ですので、すべての企業の賃金が下がっているわけではありません。

「よし、じゃあ安定した大企業に転職しよう!」

・・・できません。

大企業の場合、もちろん中途入社の方も多く雇っていますが、即戦力として期待できる人材のみです。

まったく違う業種からの転職や、同様の業種で働いていたとしても、活躍して実績を残していない社員の方を雇うわけがありません。

どうですか?理想的な転職の難しさ、が少しは理解頂けましたでしょうか?

「仕事に自信はあるけど、家族等の都合で自宅から通勤したかったので、地元の中小企業に就職してしまった!現在の職場で抜群の実績を残しているし、キャリアアップとして大企業へ転職したい!」

といったように、極めて優秀な方であれば、成功するかもしれませんので、そういった方の場合は、悲観せず万全の態勢を整えて、大企業への転職に挑戦してみるのも良い、かと思います。

「ちくしょう、今の会社は給料が安すぎだよ。残業も多いし。こうなったら転職してやる!」

こういったように、現在の職場に不満がある方は、就職面接にて「転職しようと思った理由は?」と尋ねられた時に、以前に勤めていた企業の悪口や批判を話してしまう場合があります。

これは絶対にダメです!!

こういった方の転職理由は、「残業が多すぎる」「賃金が安すぎる」「有給休暇が少ない」等、マイナスな要因を強く語ってしまいます。

当然、採用面接を受けている企業が、以前に働いていた企業よりも、残業が少なくて賃金が高い、という事実があったとしても、企業とは不安定なもので、そういった状態がずっと続くとは限りません。

企業の利益が低下し、残業を増やしたり、賃金を下げなければならない場合も多くあります。そのような状態になった場合、上記のようなマイナス要因の強い理由で転職をしてきた方を、企業は信用できるでしょうか?

答えはノーです。自分が採用担当者の立場に立って考えれば、すぐにわかりますよね?

では、どのような志望動機が良いのか?

まず、面接を受ける企業の事を綿密に調べ上げ、どのような事業展開をしているのか、どのような取引先企業があるのか、どのような経営理念を持っているのか等を予習し、面接にて、上記の事を含めて、その企業に転職して自分が実施していきたい事、その企業でこういった活躍ができて、利益を上げる事ができる事を、情熱を持って語れば良いのです。

ぜひ、皆さんも実践してみて下さいね!